本文へ移動

一般外科・消化器外科

一般外科・消化器外科では処置や手術の適応となる方に対し、ご本人やご家族に丁寧な説明の上、ご理解いただき治療を行います。
当院は日本外科学会認定の外科専門医や日本消化器外科学会認定の消化器外科専門医が常勤として勤務しております。

主な治療内容

一般外科治療

・各外傷処置
・皮膚感染症などの処置

良性疾患手術

・急性虫垂炎(いわゆる‘’もうちょう‘’)
・鼠経ヘルニア(いわゆる‘’脱腸‘’)
・急性胆嚢炎
・痔関連疾患
・腸閉塞
・腹膜炎
・その他の良性疾患

悪性疾患手術

・消化器癌(胃・大腸・小腸・肝胆道系臓器など)
・乳癌
・抗がん剤投与に必要なカテーテル挿入術
・その他の悪性腫瘍

腹腔鏡手術

近年、手術技術の進歩により腹腔鏡を使用した手術が普及しております。
当科でも虫垂炎、鼠経ヘルニア、胃癌、大腸癌など積極的に腹腔鏡手術を取り入れております。
腹腔鏡手術は侵襲性の低さや整容性、早期回復にメリットがあると考えられております。
腹腔鏡手術の適応については精査を行い、担当医と相談の上決定させていただきます。(病状や全身状態などによって腹腔鏡手術の適応ではない場合もあります。)

関連病院との連携

より高い専門性を要する疾患の場合には、関連病院へ紹介することがあります。
予約については地域連携室を通じ、迅速に対応できるよう努めております。セカンドオピニオンなどについても積極的に行っております。
TOPへ戻る