本文へ移動

QスイッチYAGレーザー

「両頬に、シミが広がってきた」「生理前になるとシミが濃くなる気がする」
そのお肌の症状、もしかしたら肝斑かも。
肝斑はシミの一種ですが、他のシミと違い、長期的な治療が必要でした。30~40代の女性に多く見られますが、肝斑と自覚してる人は少なく、今まで多くの女性の肌を悩ませてきました。
この治りにくい肝斑に、画期的な治療方法が誕生しました。
すばやく効果が期待でき、しかも気軽に受けられる「レーザートーニング」で輝くような美肌を手に入れて下さい。

レーザートーニングとは

治療が難しかった肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー

今までのレーザーでは治療ができなかった肝斑に効果を発揮する新しい治療方法です。
肌の中に滞留しているメラニンに対して穏やかに働きかけるため、悪化させることなく肝斑を薄くしていきます。

色ムラのない均一な肌トーンが美肌の決め手。美しさが飛躍的にアップします。

肝斑だけでなく、シミやくすみ等の色ムラも改善し、明るく透き通るような肌に導きます。
ひらいた毛穴にも効果を発揮し、ピンとハリのあるキメの整った肌へ。
お化粧のノリもグンとアップします。

成功のためのスキンケア4つのポイント

紫外線対策をして肌を守る

日焼け止めをこまめに塗るなど紫外線対策をしましょう。
ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)などの刺激が少ない日焼け止めがおすすめです。

摩擦などの、肌への刺激を防ぐ

まずはこすらず、できるだけ触らないこと。洗顔時の摩擦も皮膚への刺激・炎症につながります。
ゴシゴシ洗顔や化粧水などの叩きこみはせず、スキンケアは「優しく、そっとすりこまない」が重要です。

美白剤を使用する

メラニン色素の生成をできる限りおさえるための美白剤を使用しましょう。

乳液やクリームでしっかり保湿する

治療部位は特に乾燥しやすく、デリケートな状態です。しっかり保湿しましょう。

Q&A

治療は、痛くありませんか?
治療後に赤みや腫れが出ますか?
治療回数は、どのくらい必要ですか?
治療期間中に気をつけることはありますか?
治療後、すぐにお化粧できますか?
TOPへ戻る