本文へ移動

水素吸入

こんなにすごい「水素」のはたらき

水素とは

・理想的な抗酸化分子である。
・有害作用(副作用)がない。
・ほぼすべての病的状態に対して大きな効果をもつ。
・従来の医薬品はそれぞれの標的に対して特異的に作用するのに比べ、水素には広範な疾患に対する効果がある。

悪玉活性酸素を選択的に消去

2007年、医学雑誌「Nature Medicine」に「水素は体によい働きをする善玉活性酸素だけを選択的に消去する」という衝撃の研究報告がなされ、医療分野のみならず、大きな話題になりました。

全身くまなく届く

水素は極めて小さいうえに拡散性が強いため、食事からの摂取したビタミンC、Eやポリフェノールといった抗酸化物質が到達できない脳や身体の隅々まで、いき渡ります。

負のスパイラルを断ち切る

水素には、「抗酸化」作用だけでなく、炎症を抑える「抗炎症」作用、アレルギーを抑える「抗アレルギー」作用などもあります。
酸化・炎症・アレルギーは、以前は別々のものと考えられていましたが、実は悪玉活性酸素を根本的な原因とする、一連のスパイラルであることが分かってきました。
この負のスパイラルをどこかで断ち切ることが、健康状態の改善の鍵になることから、水素への注目が高まっています。

こんな症状の方におすすめ

・肩・首が凝り固まっている
・眠りが浅く、すっきり目覚められない
・慢性的に体がだるく、疲れやすい
・シミ・しわ、白髪が増えてきた
・生活習慣病・病気を抱えている

※こうした原因のひとつは、呼吸やストレス、不規則な生活などで体内に生じる、悪玉活性酸素と言われています。

水素の効能

抗酸化

水素は紫外線などで発生する悪玉活性酸素を消去してくれるのでシミ・しわ・くすみを改善してくれます。
アンチエイジングの強い味方です。

抗炎症

運動後の身体の炎症を抑制するので、体力回復やケガからの回復をサポートします。
中国では新型コロナウィルス肺炎患者に水素吸入療法を実施しています。

副交感神経を優位に

水素を吸入すると副交感神経が優位になり、深いリラックス状態に。
入眠前のまどろみ状態や瞑想状態を示すα波やβ波という脳波も出現するために、深いすいみんを得られます。

ミトコンドリア活性

わたしたちの体重の10%を占め、細胞内で生きるのに必要なエネルギーを作っているミトコンドリア。
水素はPGC-1αという分子を介してミトコンドリアを活性できるため、細胞から元気にします。

免疫力UP

2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑先生が明らかにした、疲労した免疫細胞(キラーT細胞)にかかってしまうブレーキの存在。
水素のミトコンドリア活性作用は、疲弊した免疫細胞がブレーキを解かれ、再び元気に活躍するための重要な役割を担っていると考えられています。
TOPへ戻る