医療法人 至捷会 木村病院

内科

脳や脊髄の病気を、さまざまな画像を使って診断し治療しています。具体的には頭部外傷、頭痛、四肢のしびれ、めまい、ふらつき、歩行障がい、認知症、てんかんなどです。患者さんで多くみられるのは、頭痛症や脳卒中(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)、脳梗塞の再発予防、脳出血後遺症、頭部外傷、脳腫瘍、水頭症、頸椎疾患、てんかんです。

できるだけ後遺症を残さないための迅速、丁寧な治療。

脳疾患は治療のタイミングで後遺症が残ることが多くあります。私たちは緊急の状態を見逃さないことと、後遺症を残さない、あるいはできるだけ少なくする治療を心がけています。
大病院は混雑していてMRIやCT撮影の予約が必要だったり、診察日の後、不安を抱えながら改めて画像検査だけに出向かなければならないこともあります。でも当院では来院日に必ず必要な画像検査を終了し、患者さんの不安を解消するようにしています。

「いつもと違うな?」と感じたら、すぐに相談を。

神経疾患は自分で気づくことよりも、ご家族や周囲の方が気づくことも多いのが現状です。「ちょっといつもと違うな?」と感じることがあれば、気軽にご相談ください。脳疾患は予防が大切で、薬の服用も長期間になります。私たち脳神経外科医をよきパートナーとして、一緒に病気と付き合っていきましょう。
また不幸にして重大な疾患が発見され、外科手術が必要な場合は、適切な専門機関あるいは信頼できる専門医をご紹介いたします。私たちは、国内外の脳脊髄外科医の専門分野を把握しておりますので、ご相談いただければすぐに対応したします。
 
午前   吉田 一彦
(非常勤)
       
午後 北井 隆平
(非常勤)