医療法人 至捷会 木村病院

眼科

眼科疾患全般を常勤の眼科専門医が診察します。例えば、白内障や緑内障、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、眼瞼疾患など。この他、近年急増しているドライアイやコンタクトレンズ処方なども行っています。特に糖尿病に伴う眼疾患に対しては、糖尿病内科医、腎臓内科医や整形外科医と連携を取りながら定期的な診療治療を行うことが可能です。

小切開白内障手術。

白内障は、早い人では50歳代から発症、70歳以上では約半数に中等度以上の白内障が存在するといわれています。当科では最新の手術機器を使い、1泊2日の入院または日帰り手術で白内障の治療を行っています。
また、麻酔科医が常駐しておりますので、全身麻酔が必要な方でも安心して手術を受けることができます。

  • 白内障術前

  • 白内障術後
    (眼内レンズ挿入後)

最新の機器を使用した診断。

加齢黄斑変性の手術については、光干渉断層計を用いた眼底三次元画像解析を行って、必要に応じて抗新生血管薬(ルセンティス、アイリーア)硝子体注射の治療を行っています。

  • 加齢黄斑変性(眼底写真)

  • 1OCT(光干渉断層計)による黄斑部の変化の描画

眼瞼疾患に対してはまぶたの専門医が診断治療します。

眼瞼(眼のまわり)の病気として知られる眼瞼内反症や眼瞼下垂、眼瞼痙攣、麦粒腫、霰粒腫など。手術加療が必要なものに対して、まぶたの手術年間100件以上行っている専門医が治療を行います。眼瞼下垂に対しては、高周波電気メスを用いてできる限り小さな傷口(7〜10o)、少ない出血での手術が可能です。機能的かつ形態的にも安心して手術を受けてもらうことができます。

  • 眼瞼下垂手術前後
オルソケラトロジー治療、ボトックス治療なども行っていますので、興味のある方は木村病院眼科までお問い合わせください。