医療法人 至捷会 木村病院

自身の生活習慣病等のリスクを調べましょう!!

2017/4/27(木)

酸化ストレス・抗酸化力測定

体のサビ度=酸化ストレス

近年、総合的な体の健康度検査として注目されている酸化ストレス検査です。酸化ストレス研究は医学、生化学における最先端の研究分野の一つとされています。これまで、人体の酸化ストレス測定は、大がかりな装置や大規模な実験施設でのみで行われてきましたが、d-ROMsテストとBAPテスト、そして専用の測定機器が開発されたことで、簡便に測定できるようになりました。人体の細胞や分子が活性酸素・フリーラジカルによる影響をどれだけ受けているかを表す酸化ストレス度と、酸化ストレスの消去能である抗酸化力を高い精度で測定可能となりました。ヨーロッパ、北米、そして日本で、医療機関をはじめ、研究施設、スポーツ関連施設に導入され、現在までにd-ROMsとBAPを用いた論文は1000本以上発表されています。少量の血液で、酸化ストレスと抗酸化力を同時に測定できるFREE Carrio Duoでご自身の生活習慣病等のリスクを調べましょう。

酸化ストレスとは・・・

不健康な生活習慣、偏った食事、精神的ストレス、過度の疲労などにより、からだの中では活性酸素が増加します。臓器や器官は活性酸素により傷つけられ、酸化ストレスが高い状態となります。これにより、酸化ストレスは早期の老化や生活習慣病をはじめとした多くの病気の原因となります。酸化ストレス測定でからだの酸化ストレス量を測って生活習慣病のリスクを調べましょう。

抗酸化力とは・・・

からだには酸化ストレスに対抗する抗酸化力が備わっています。からだの抗酸化力が高いと酸化ストレスの害を軽減することができます。抗酸化力は抗酸化食品の摂取や適度な運動習慣で上げられるので、今の食事や運動習慣があなたに適していれば、抗酸化力の高い健康なからだを維持できるのです。抗酸化力測定でからだの抗酸化力を測って食事と運動習慣を見直しましょう。

※酸化ストレス・抗酸化力測定 5,000円(自費診療)